風俗情報サイト 風俗の友

風俗情報なら埼玉風俗の友

割引情報や、体験談など風俗情報を中心に配信中

デリヘルでダブルの初体験

童貞を卒業

これは初めてのデリヘルでとんでもない経験をしてしまった男の体験です。
かれは彼女もおらず周りから一人、また一人と童貞が消えていく事に不安を抱いていました。
そしてこのままでは一生童貞ではないかと言う不安にかられ風俗で童貞を卒業しようと考えたのです。
ここまではよくある話なのですが…
彼はデリヘルを探すのに鹿児島で有名な鹿児島デリヘルD-ZONEと言うサイトでお好みのお店を検索。
掲載店舗も最多でお店のジャンル別に分けられ使い勝手のよいサイトだそうです。
彼はどちらかと言うとMだったのでリードしてもらえれば思いS系のお店をチョイスし女の子を呼びました。
しばし待つと同年代風の茶髪で細身の女性がやって来た。
緊張する彼をみて「私、みずきっていいます。」
僕:「初めまして…」
みずき:「うちのお店は初めて?」
僕:「初めてです。」
彼女は私を舐め回すように上から下まで見ると
、 みずき:「服を脱いで」
と言い自分も脱ぎ始めました。
ちょっと強引な女性だなと思いながらも言われるがままにして、一緒にシャワーを浴びました。
ベットに入ると僕の息子は全裸の女性を目の前にしてもう100%勃起。
それを見て弄ぶように弄ら出す。
すると突然、
みずぎ:「君、もしかして童貞?」
僕:「恥ずかしながら、当たりです。」
みずき:「やっぱいね、私が色々教えてあげる。」
私は不安な気持ちと期待が入り乱れる中、マグロ状態。
ギンギンのオチ〇ポを大量の唾液と共に咥えこまれ、根元と亀頭までを長いストロークでピストンされる。
そして上に覆いかぶされ彼女のオマ〇コが僕の目の前に!
シ、シックスナインです。
彼女は擦り付けるように私の顔にマ〇コを押し付けてきます。
私も初めてのクンニに我を忘れてしゃぶり付きました。
彼女も気持ち良かったらしくピクピク反応してました。
すると彼女が馬乗りになって、
みずき:「入れてあげようか?」
と言うではありませんか、
僕:「えっ、いいんですか?」
みずき:「特別ね」
と言いながら彼女の穴に、僕の息子は吸い込まれてい行きました。
もうまさに天国とはこの事です。
温かい壁が私の肉棒を包み込み締め付けられる。
彼女は私の上でゆっくり身体を上下に動かし始めました。
もうそこからは何が何だか分からないまま気持ち良さで意識が飛びそうななり、
僕:「もう出ちゃいます」
すると彼女は抜いてバキュームフェラ&手コキ。
そして僕は射精。
こうして僕の童貞は卒業しました。

潮吹きさせられた俺…

僕が「ふぅ…」と余韻に浸っていると、みずきが僕のチ〇ポをシゴキ始めるでは有りませんか!
僕は少しの痛みと、気持ち良さに襲われ下半身に力が入りません。
僕:「やばい、おしっこ出そうだよ」
彼女は僕の言う事は無視してシゴキ続けました。
僕が彼女の手をつかんで止めさせようとすると、逆に振りほどかれ、ついに僕はオシッコガ出そうな感覚のまま潮吹きしてしまったのです。
おしっこだと思っている僕は、
僕:「ごめん、おしっこ漏らしちゃって」
すると彼女は、
みずき:「シーツ嗅いでみて」
無臭でした、それをみた彼女は、
みずき:「さっきが潮吹き」
って言われ赤面してしまいました。
そしてしばらくして彼女が、
みずき:「もう一回抜いとこうか」
と言いながら素股をすると、息子は即勃起。
初素股でビラビラが吸い付きとても気持ち良く、我慢も虚しくあっけなく発射。
するとまたもや、手コキを続けるでは有りませんか。
もう僕には抵抗する力も残っておらず勢いよく本日2回目の潮吹き。
脚はガクガクと痙攣し身動きできず…
みずき:「本当によく潮吹きするねーwww」
と言われました。
恥ずかし思いと、今まで感じたことない絶頂に目が虚ろになりそうでした。
このようにして僕は初のデリヘルデビューで童貞と潮吹きのW初体験をする事となったのです。
それ以来自分でも潮吹きに挑戦するのですが一度も成功した事はありません。

ジャンル

最新記事